2021年を振り返って

仕事

前半

上半期は前職にいたわけですが、転職活動をしつつ、いろいろやっていた気がします。

毎度のことながら評価をするのは大変ですし、かなり大きなプロジェクトが動き出していた(その後どうなったかは知りませんが)ので、人員の割り振りやら、派生プロジェクトの面倒を見るなどしていたと思います。

一番最後にした仕事が評価だったのがつらかったですね。

後半

はてなに入ってからは、AgileやScrumについて再度考え直すことができたと思います。

号令をかけることはできても、実際にやる人たちとの相互理解がなければどうにもなりません。

この点については別の切り口でもよかったかなと思っています。

趣味

フットボール

我らが柏レイソル、なんとかJ1残留できました。

21シーズンはオルンガ被害者の会筆頭だと思っています。 一人いなくなるだけで、あそこまでガタガタになるとは思ってもみませんでした。

点が取れないのもですが、前半の20分くらいまでに失点するとあとはズルズルとやられっぱなしに。 後半終了間際にいい形を作っているように見えても、相手が引いているからそれっぽく見えているだけな気がしています。

2021年12月29日現在、レギュラークラスの流出が続いているので、来年こそは降格かもしれません…

模型

積みプラが増えました。\(^o^)/

記録によると、今年の完成品はぱち組だけという有様でした。

地味に続けているものもあるのですが、しばらく止まっては再開してを繰り返しています。 試したいことがいろいろあって、それの寄り道をしていたことが一番の原因だと思っています。

来年は寅年なので、かなりの数コレクションしているTigerI / TigerIIを作ろうかなと思っています。

来年もよい年でありますように。

2021年買ってよかったもの

2021年の買ってよかったものリスト。

 

Belkin SOUNDFORM™ CONNECT AirPlay 2対応オーディオアダプター

www.belkin.com

これまで、初代AirMac ExpressでAirPlay接続していたのですが、さすがに寿命が来そうで、いろいろ物色していたところちょうどいいタイミングで出てきたのがこれでした。

なんといってもお手頃なお値段がいい。

大きさもコンパクトでアンプの裏においておくにはちょうどよい感じです。

デジタル出力が同軸ケーブルもあれば最高なんですけどね。

 

後で知ったことなのですが、ラズパイでAirPlayレシーバーを自作するなんてこともできるそうです。

そのうちチャレンジしてみようと思います。

 


 

サンワサプライ 工事物件タップ 3P抜け止めマグネット 8個口 5m TAP-K8-5

www.amazon.co.jp

今の家に引っ越してきて10年くらいたつので、あちこちの電源ケーブルを総入れ替えしました。

8個口で裏面磁石付き&アース付きのものです。

ものすごいしっかりしたもので、メタルラックにがっちりくっつくので、非常に便利です。

電源ケーブルの耐久年数は10年くらいらしいので、皆さんも古いケーブルがあったら交換をお勧めします(職場で煙が出たことがあります)。

ちなみに、我が家の壁電源も一部アース付きの3穴タイプになってます。

 


 

ドロッパーボトル 小分けボトル スポイトボトル 液体容器 プラスチック 塗装 アート 多用途 (30ml 30個セット)

(自分が買ったものはAmazonで在庫切れなので検索してください)

よく使う塗料をあらかじめ希釈しておいてためておくために買いました。

栓がちゃんと閉まるものと閉まらないものが混在、明らかに手作業でバリを落とした傷がある付属のロートなど、ぶっちゃけ品質は微妙です。

本当は30個もいらないんですが、ちゃんとしたやつが在庫切れだったので、ネタ扱いで買ってみました。

自分はオール水性塗料なので、蓋の品質が悪くても匂いが出てくることがなくそんなに困っていません。

Mr.攪拌用メタルボールを入れておけば混ぜるのも楽です。

思ったよりは使えているのと、奥方がガサガサ入れてある袋を見るといつも笑ってくれるので満足しています。

 


 

Concepts

concepts.app

 

もともと紙と鉛筆を使って考え事をするタイプだったのですが、これ以上紙を増やしたくないので、iPadAir+ApplePencilに乗り換えを決意。

手書きノートツールをいろいろ探した結果、たどり着いたのがConceptsです。

わりとマインドマップ的な書き方をすることが多いので、紙面が無限にひろがるのが便利すぎます。

ペンの色がCopic準拠なので、カラーピッカーみたいのでちまちま選ぶ手間が省けるのもいいです。

これまで、GoodNote5、Noteshelfなどいくつか渡り歩いてきましたが、一番ペン入力の反応がいいと思います。

 

 


 

NieR Replicant ver.1.22474487139... フェイスクッション <エミール>

store.jp.square-enix.com

ほぼ原寸大のエミールのクッションです。

もちもちの感触がすごくいいです。

輸送の都合でやや潰れてしまっていましたが、元に戻りました。

今ではすっかり奥方のご愛用です。

 

 


 

adidas 4DFWD

shop.adidas.jp

 

すっとはけるスニーカーがほしくて、ふらっと立ち寄った直営店で試し履きして即購入しました。

ソールが3Dプリンタの出力品というだけでもう大興奮。

履き心地が異次元の感覚で、路面形状が直接伝わってくる感じがするのに、痛いとかそういう感じはまるでありません。

普通のゴムやスポンジのソールとは明らかに感触が違います。芝生の上を歩いている感じに近い?

歩くときは(なぜかはわかりませんが)かかとからではなく、つま先から足をつくような歩き方に自然になってきます。

表面はメッシュ素材なので、冬場は若干ひんやりしますが、あまり気にならない程度です。

靴紐はついていますが足の甲のあたりは伸縮性素材なので、毎回結び直す必要もありません。自分はゆるめに結んであります。

 

 

 

LeSSを回して3ヶ月

これは Mackerel Advent Calendar 2021 の8日目の記事です。

こんにちは、株式会社はてな Mackerel開発チームでサブディレクターをしています。

 

現在Mackerel開発チームにて、大規模Scrum導入とチーム改善に取り組んでいます。

今回はMackerel開発チームでLeSSを導入・運用して、わかってきたこと・課題などを振り返っていきたいと思います。

 

 


 

 

スクラムをスケールするには?

プロダクトに関わる人数が増えてきたときにどうスクラムを回すか?は、非常に難しい問題です。

今回、Mackerel開発チームでは、Lessフレームワークを採用することにしました。

less.works

日本語の解説本もあるので、そちらも参考にしつつ、チームの現状に合わせていく形です。

www.amazon.co.jp

 

わかったこと

まずは3ヶ月でわかったことです。

 

教科書通りに始める

まずは教科書通りにやってみることが重要です。

教科書通りに進めつつ、状況に応じてやり方を変えていくことをおすすめします。

いきなりアレンジしてしまうと、うまく回らなかったり、結局やめようと言うことになってしまうことになってしまうと思います。

多少違和感があっても、まずは教科書通りにやってみましょう。

 

通常のScrumの知識は必要

10人以下でのチームによるScrumの経験と知識があると理解しやすいです。

LeSSは普通のScrumを拡張しているものなので、考え方のベースは何も変わらないと思っています。

何も知らない状態から始めることも頑張ればできるとは思いますが、その場合はがっつりアジャイルコーチに頼ることになりそうです。

 

スプリントイベントが高コスト

スプリントイベントは、開発チーム全体についてのイベントと、各チームのイベントの二部構成になっています。

通常のScrumでも同じだと思いますが、スプリントイベントはほぼ一日それにかかりっきりになります。

イベントで会話される話題も格段に多くなるので、時間切れにならないよう注意して進める必要があります。

連続してイベントを入れると疲れるので、休憩を入れながら進めることをおすすめします。

 

我慢も必要

先ほどスプリントイベントに時間がかかると言いましたが、扱うテーマ、関わる人、すべてが増えていくので、時間がかかるのは致し方ないところです。

なんとか早く終わらせたいという気持ちはありますが、プランニングやレトロスペクティヴは必要不可欠なものなので、時間をかけて会話した方が結果としていい方向へ進むはずです。

 

課題

うまく回っているように見えても、まだまだ課題はあります。

課題がないと言われる方がよっぽど怖いですが。

 

チーム分け

よくないのはわかっているのですが、現状、SREとデザインが職能別のチームとして独立してしまっています。

開発チーム全体が過渡期なのでこのように分けていますが、今後解消していきたいと思っています。

 

Agile、Scrumの知識共有

自らにもいえることですが、メンバー間の知識のずれを解消していく必要があると考えています。

枠だけできあがっても、その本質を理解していないとただやっているだけになってしまいます。

これまで、無意識的に行ってきたものを一度有意識下に持ってくることが重要になります。

 

時間をかける覚悟

導入への準備から、実際の導入、その後の改善、人間観家に構築など、Agile開発が軌道に乗り、チーム全体が自己組織化されるまでをゴールすると、それなりに時間はかかります。

「じゃあ来週からLeSSでやるのでよろしく」ですべてうまくいくものではありません。

開発メンバー、マネジメント層ともに時間をかける覚悟は必要です。

 

POの負担が増える

普通のScrumを拡張したものなので、POはただ一人存在することになります。

すべてのPBIを管理することになるので、優先順位をつけるだけでも大変です。

POの負担を減らすためにも、POの民主化を進めていく必要があります。

現在、アイデアレベルからPBIになるまでのフローを整備しようとしています。

 

 


 

まとめ

LeSSについてわかったことと課題をいくつか挙げました。

Mackerel開発チームの冒険はまだまだこれからです。

すべてはMackerelを使うユーザーの皆様のため、プロダクトの改善を続けていきます。

プロセスの改善はプロダクトの改善につながるものであるので、今後もチーム改善に取り組んでいきます。

来年もMackerelをよろしくお願いいたします。

転職しました

転職活動

今を去ること2年くらい前にFacebookに来た転職エージェントからのDMがきっかけで、転職活動を始めました。

途中、エージェントの方と方針が会わなくなってきたので、しばらく休んでいましたが、今年になってから真面目に活動を再開。

無事今の職場が決まったのはありがたい限りです。

 

転職

というわけで、8月から新しい職場にいます。

まさか、自分がはてなで働くことになるとは活動を始めた頃には想像だにしませんでした。

hatenacorp.jp

所属部署は国産監視ツールであるMackerelの開発部門です。

mackerel.io

というわけで、入社4ヶ月もたってから、自社主力サービスを使ってみようと思い立ったわけです。

 

何をやっているか

マネージャー職で転職したので、開発におけるマネージメントをやっています。

主にやっているのはLeSSフレームワークを用いた大規模スクラムの導入です。

less.works

メンバーは全部で20人弱と大所帯なので、どのようにして、チーム全体を有機的に動かすかを日々考えつつ実践しているところです。

このあたりについてはもうちょっと結果が出てからアウトプットを残そうと思います。

 

 

これまでの感想

はてなといえばテキスト文化ですね。

最初は圧倒されてしまいましたが、そろそろなれてきました。

前職より会社の規模が相当小さくなったので、ほかの部署の方とのやりとりも頻繁にできるのがいいですね。